歯科はネットで予約

外国人対応の歯科を検索

子どもの歯科選びは医師がポイント

子どもの歯科選びをするときに大切なのは、担当をする医師がどのような方であるかです。嫌がる子どもの口を無理やり開いて、虫歯のチェックやフッ素流布をする医師は言語道断です。泣いている子どもであれば泣き止むのをまったり、口をチェックすることでどんな良いことがあるのかをしっかりと説明をしてくれるような、一人の子どもに時間をかけてくれる医師を選ぶようにしましょう。特に、初めて歯医者を訪れるときが大切です。第一印象が良ければ、子どもはすんなりと通ってくれます。

最近の歯医者は痛くない治療が多い

歯医者はどうしても嫌い苦手という人が多いです。なぜかと言えば、削る音や痛みなどがあげられます。このようなトラウマが、大人になってもなかなか行く事ができなくなります。また、虫歯が出来ても、痛みが発生しても、つい我慢しがちです。いけないのは、虫歯は虫歯菌が繁殖している限りは、どんどん進行していきます。将来的には入れ歯になる可能性があります。現在の歯医者は、痛みの少ない方法で行っているので、早めに治療するのが良いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科治療と食事の関係について All rights reserved