入れ歯を選ぶポイント

入れ歯やっぱりお薦め

丁寧な微調整で入れ歯を快適に

初めて入れ歯を入れた時には誰でも違和感があるものです。しかし、義歯の上手な歯医者さんが丁寧に調節をした義歯は驚くほどのフィット感があります。入れ歯の調節はほとんどがある程度の時間がかかります。慣れと言う要素があり、また噛むと言う作業は複雑で上下に噛んでいるだけではなく、噛んだ後、微妙にスライドして噛んでいるからです。また食事をして初めて合っているのかを確かめられるため1回の通院では完成しないことがほとんどですが、微調整が終われば自分の歯と同じように噛んで快適に食事ができるようになります。

入れ歯は毎日のケアが大切

「入れ歯」は歯科医師が診断し、その指示により歯科技工士が作製します。作製には、レントゲン撮影、残っている歯の確認、歯肉の型取りなどを行いますので、出来上がるまでには数日かかります。また、正確に歯肉と密着しないと痛みが伴いますので、装着してから、数日間様子を見るようになります。痛みがなくなるまで、こまめに歯医者に通い、微調整を行ってもらうこともあります。入れ歯は、傷が付くと、そこに菌が繁殖してしまうため、専用の洗浄剤と歯ブラシでケアすることが必要です。付けっぱなしにせず、毎日除菌することをおすすめします。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科治療と食事の関係について All rights reserved