優良な歯科の条件とは

歯科で知覚過敏の治療を

歯科治療に時間がかかるのはなぜ

歯科治療は一般的な風邪などの症状で病院を受診するのとは違い、一度で治療が終了することは稀で、多くの場合は長期間の治療となります。もちろん、その治療をきちんと受けることで、しっかりと歯を守ることにつながるのですが、時間が取れないという理由で途中で断念するという人も見られます。虫歯の治療では削ったり型を取ったりという作業があり、根管治療では歯根の汚れを完全に除去するまで何度も治療が必要です。期間は長くても、完全に治療を終えるまで根気良く通いましょう。

歯科が休みの時に歯が痛くなったら

突然歯が痛くなって歯科がやっていない場合には、応急処置で痛みを和らげることができます。 まず、患部を頬から冷やすことで、血の巡りを抑え、痛みを和らげることができます。おでこに貼る冷湿布等でも大丈夫です。 それでもダメな場合は、食後などは、食べかすが歯や神経を圧迫し、痛みを引き起こしている可能性があるため、つまようじや口を水でゆすぐなどが有効です。イソジンなどは高い殺菌作用があり有効です。 痛み止めを使うことも有効です。痛み止めに成分が近い、ロキソニンSなどが有効です。悪魔でも応急処置ということを忘れずに。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科治療と食事の関係について All rights reserved