マウスピースと歯科

マウスピースと歯科について

歯科治療で使われるマウスピース

マウスピースには、いろいろな治療の用途があります。矯正、歯ぎしり防止、いびき防止、睡眠時無呼吸症予防、スポーツなどで、歯を保護するなどです。歯科は、用途に応じて制作します。それぞれ特徴があるので、見てみましょう。例えば、矯正用のものは、ブラケットと呼ばれる器具に比べ、目立ちにくく、取り外しが可能です。つまり、歯磨きがしやすくなっています。睡眠時無呼吸症候群用のものも、違和感が少なく、使いやすい設計になっています。保険が適用されることもあります。いびきにも効果があって、心地よい睡眠をとる助けになります。スポーツ用のものは、歯や口のけがを防ぐために使います。マウスピースは、市販されているものもありますが、より質のいいものを求める方は、歯科で自分に合ったものを作ってもらってください。

虫歯の治療をうけよう

歯が痛い場合には、普段の食生活や歯磨きがしっかりとできていない場合もあります。また、歯が生まれつきあまり丈夫でない場合などもありますが、どのような理由であれ、歯が痛い場合には、我慢せずに、歯科で治療を受けるようにしましょう。痛みを我慢したからといって、痛みが軽減されることはありません。しっかりと歯科で診察、治療を受けて、痛みの原因を取り除きましょう。また、歯医者では定期健診なども行っているので、定期的に通い、歯のチェックや歯垢や歯石の除去などをしてもらうことで、虫歯の予防や早期発見につながります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科治療と食事の関係について All rights reserved