アルコールと歯科治療

アルコールと歯科治療について

過アルコール摂取と歯科治療

アルコールが口腔機能に影響を及ぼすことを、認知している人は少ないです。飲酒は適性であれば身体に及ぼす影響は少ないといえます。ですが、過度の飲酒が継続すると、次第に身体機能が低下してきます。口腔内では唾液の分泌異常により、口腔内の衛生が低下し歯周病やムシ歯の原因となります。歯科で治療を受け歯周病やムシ歯は治りますが、過度のアルコール摂取という、根本的な要因を解決しなければまた再発してしまいます。過度な飲酒を断つには、健全な食生活を送ることが需要となります。歯が痛くては食を美味しく感じられません。食機能の維持を保つためにも、歯科での定期的な受診をおすすめします。

歯茎の治療も大切です。

健康な歯を長く保っていくためには、定期的に歯科医師の検査を受けるとともに、虫歯を予防するための手入れが欠かせません。同時に、歯茎の手入れも重要です。歯茎が膿んだり腫れたりして弱ってくると、歯を支えることが難しくなるからです。丈夫な歯茎を維持するためには歯の根本や歯茎も、柔らかい歯ブラシで磨いたり、歯間ブラシで歯の根元の汚れを取り除いたりすることが必要です。歯に痛みがあればもちろんですが、歯茎が腫れたり、膿が溜まったり、口臭が気になったりするときにも、歯科を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科治療と食事の関係について All rights reserved